建築用語集       

匠 総合事務所提供

混構造
(こんこうぞう)


 住宅に使われる建築の構造は、木構造鉄筋コンクリート造、それに鉄骨造の3種類だが、1棟の建物に、どれか2者の構造を併用することを、混構造という。  

 たとえば、1階を鉄筋コンクリート造や鉄骨造にして、2階・3階を木造とするとか、既存の鉄筋コンクリート造に木造や鉄骨造を増築するなどである。

 平成19年に建築基準法が改正になってから、混構造の採用が難しくなった。意匠的には1棟でも、構造的には別棟とするほうが良いかもしれない。

広告

広告右