建築用語集       

匠 総合事務所提供

丸柱
(まるばしら)


 円形断面をした柱のこと。  

 丸柱には、丸太を皮付きのまま使う丸太柱と、丸く削りだした丸柱がある。丸太柱は絞り丸太磨き丸太錆丸太など が有名で、床柱などに使われるこ とが多い。数寄屋造りなどでは、丸太柱だけをつかって建築することもある。

 丸太柱を使った仕事は、芯墨を打つことから始まり、仕口では左右の長さが違ってくる。そのため、丸太仕事は難しいものとされている。  

 丸柱は無垢材から削りだしたものと、集成材を芯と して突き板を貼った丸柱がある。寺院建築で使われる丸柱は、1本の木を8角断面に製材したあと、丸鉋(まるがんな)で削って造り出す。  

 集成材丸柱は、径の大きさが70φ~150φmmまで、長さは4,000mmまで製作されているが、特注も可能である。

参考:口引きひかりオサ

広告

広告