建築用語集       

匠 総合事務所提供

捨て型枠
(すてかたわく)


 生コン用の型枠のうち、コンクリートの打設後に解体して回収しない型枠のこと。埋め殺しともいう。

 通常の型枠は、解体したあと何度か転用するのが普通だが、捨て型枠は初めから回収しない予定の型枠である。

 隣地境界線に接近しすぎて型枠が回収できないとか、地中構造物で回収が不可能といった場合に、捨て型枠となる。しかし、地中でも空洞が大きい場合には、駄目穴をつくって回収することがある。

 鉄骨造においてデッキプレートを床に敷くと、床スラブの捨て型枠として使われることになる。

広告

広告

広告