建築用語集       

匠 総合事務所提供

白罫き(書き)
(しらがき)


 精巧な木工作をするときに、材料に線を印すために使う道具。  

 下の写真のような、刃の短いナイフのような形をしており、定規をあてて使う。

 傍(側:そば)に平行な線(=筋)は罫引き(けひき)をつかって印すが、罫引きは材料に直角には印すことはできない。そのため、白罫きは罫引きが使えないところや、精密な組手(くで)などを罫くのに使う。  

 精密な工作をする胴付き鋸の道筋になる。

広告

広告