建築用語集       

匠 総合事務所提供

実印
(じついん)


 住民登録をしている自治体に登録している印鑑、もしくは本店所在地の登記所に登録してある法人の印鑑。

 個人の登録印は、大きさが8~25ミリの正方形に収まるものであれば、形に特別の制限はない。姓だけの三文判でも登録さえすれば実印になるが、ゴム印や枠がなかったりローマ字では登録できない。

 実印の登録をすると印鑑証明書が発行されて、印鑑証明書と同時に提示することによって、印鑑は実印の働きをする。

 建築確認の申請では実印が必要になることはなく、すべて認印でOKである。登記では実印と印鑑証明書を要求されることが多いが、境界確認書には実印を押印しなくても良い。

広告

広告