建築用語集       

匠 総合事務所提供

煤竹
(すすだけ)


 茅葺きや藁葺き屋根などの下地として使われた竹が、長年にわたり囲炉裏から立ち上る煙に燻されて、茶褐色や飴色に変色したもの。

 藁縄などが巻かれて、煙があたらなかった部分は変色が少なく、全体に濃淡があって微妙な風情を楽しめる。数寄屋(造り)などでは珍重される。

 古民家が少なくなっているので、煤竹はもはや絶滅しつつあり、現在では高価になりつつある。

広告

広告

広告