建築用語集       

匠 総合事務所提供

真壁(石)
(まかべ:いし)


 茨城県の真壁町でとれる御影石のこと。  

 同じ茨城県でとれる稲田(石)に比べると、やや黒っぽく模様も細かいのが特徴である。

 模様の程度によって、中目とより細かい小目があり、いずれも墓石として使われてきた。また、建築でも外装用の石材や床材として広く使われている。    

 小叩きビシャン仕上げバーナー仕上げ斫り(ハツリ)仕上げ③水磨き本磨きといずれの仕上げも可能である。

広告

写真は真壁石材協同組合のHPから

広告