建築用語集       

匠 総合事務所提供

性能評価
(せいのうひょうか)


 平成12年に施行された<住宅の品質確保の促進などに関する法律=品確法>にもとづくもので、住宅性能表示制度にしたがったもの。

 申請者が自ら等級を設定し、審査機関はその等級を満たしているか否かを審査する。下記の10項目にわたって審査機関が審査する。有料でおこなわれる任意の制度である。建築確認申請時に審査を受けることが多い。

 性能評価の等級が承認されると、フラット35など住宅金融支援機構の審査が、免除になるなどの特典がある。

広告

審査対象の10項目
1.構造の安定        2.火災時の安全
3.劣化の軽減        4.維持管理への配慮
5.温熱環境        6.空気環境     
7.光・視環境       8.音環境     
9.高齢者への配慮    10.防犯

広告