建築用語集       

匠 総合事務所提供

コートハウス


 中庭のことをコート(court)といい、中庭をもった家や共同住宅をコートハウスという。

 外敵対策やプライバシーを重視すると、外部に面して開口部を設けることができなくなる。そこで、外部から隔離された中庭を設け、中庭に面して開口部を開 いて、採光や通風を確保する住宅である。外壁面が大きくなり建築費がかさむことが多い。

 ヨーロッパや中近東の都市など建築物が密集していて、開口部が取り難い場所では、よく大規模集合住宅にも採用される。

広告

広告