建築用語集       

匠 総合事務所提供

矩(曲)折り
(かねおり)


 矩(曲)(かね)とは直角のことで、矩手(かねて)と同じ意味である。

 矩手の廊下といったように、矩手が平面的に使われるのに対して、矩折りといった時は、立体の2面が直角に交わっていることを言うことが多い。

 たとえば、柱を鉋(カンナ)で削る場合に、下図の矢印のように隣接する2面を削るときには、矩折りを削るという。また、巻矩(まきがね)で調べる直角は矩折りである。

 直角であるかどうか確かめることを、矩折りを見るとも言う。

広告

広告