建築用語集       

匠 総合事務所提供

杓る
(しゃくる)


①  細長い溝を作ること  

 鴨居の溝などを作ることを杓るといい、溝を突くともいう。 昔は溝鉋をつかって杓ったし、現在では電動のカッターをつかっている。土木では溝は掘るものだが、大工の世界では溝は杓るか突くものである。  

②  細長く欠き取ること  

 障子な どが鴨居溝をはし るように、建具の上桟の一部を欠き取るときには、杓下げという。

広告

広告