建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


4週強度(よんしゅうきょうど)
 コンクリート圧縮に抗する強度で、打設後4週間経過したときの強度。

 コンクリートの強度は、打設後から徐々に上がりはじめ、4週間たつと安定すると考えられているので、構造設計の上で4週強度を目安にしている。

 4週間が経過したとき、水中養生したテストピースを、潰しの試験にかけて確認する。4週強度を確認して、次の工程に進むべきだが、4週間も待てないことが多い。

 そこでテストピースを余分にとって、1〜2週間で強度検査にかけ、その結果で次の工程に進むことがおおい。しかし、テストピースと躯体のコンクリートでは条件が違うので、1週強度がでていてもサポートの取り外しなどは慎重に行いたい。

 木造住宅ではコンクリートは基礎に使われるだけなので、4週強度はほとんど関係ない。
広告
TAKUMI Amazonへ