建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


四七の溝(ししちのみぞ)
 4分(≒12みり)の間隔をあけて、7分(≒21ミリ)の溝をつくこと。もしくはその溝のこと。関東地方の障子に使われることが多い。

 建て込まれる建具の厚さによって、敷居鴨居は溝の幅の作りが異なっている。

 として4分(≒12ミリ)の間隔をあけて、7分(≒21ミリ)の溝をつくのは、1寸(≒30ミリ)厚さの障子が走る溝である。

 厚さ1寸(≒30ミリ)の建具が擦れ合わないために、両者の間隔を1分(≒3ミリ)とし、7分(≒21ミリ)の溝をつき、溝と溝とのあいだを4分(≒12ミリ)とするので、四七の溝という。

 建具の厚さが1寸1分(≒33ミリ)のときには、溝幅は7分(≒21ミリ)のままで、島を5分(≒15ミリ)とすることが多い。この場合には五七の溝という。

参考=樋端三七の溝
広告
TAKUMI Amazonへ