建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


三六(さぶろく)
 3尺(909ミリ)×6尺(1818ミリ)を定尺とする材料のこと。板物に対していう。

 正確に、3尺(909ミリ)×6尺(1818ミリ)の寸法が無くても、などを三六とよぶ。京間(畳)は三六よりも大きいし、関東間の畳は三六より小さい。

 尺貫法の体系が残る建築界では、ラワン(ベニヤ)など三六の定尺材は多い。ただしコンパネは900×1800で、三六より幅9みり、長さ18ミリほど短い。
広告
TAKUMI Amazonへ