建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


24時間換気(にじゅうよじかんかんき)
 住宅の居室を1日24時間にわたって、換気扇によって換気すること。

 24時間換気は、建築基準法の改正によって、2003年より施行が開始された。一般の戸建て住宅などへも、従来の自然換気とは異なり、24時間にわたって稼働する換気設備の設置が義務化された。

 24時間換気の方法には、つぎの3通りがあり、下にいくほど高価になる。
1. トイレなどに小さな換気扇を設置し、居室のドア下などにスリットを設けて、居室の空気が廊下などにでるようにする。そして、廊下を空気の通路として、居室の換気をする。
2. 各部屋に、個別の換気扇を設置する。
3. 小屋(裏)などの1ヶ所に大型の換気扇を設置し、パイプで各部屋を結んで換気する。

 いずれにせよ、各部屋が1時間に0.5回の換気回数を確保できればよい。換気すると室内の熱も逃げるので、換気扇を設置した場合には、熱対策としてロスナイなど設置も検討すべきかもしれない。

 建築確認申請時には、換気が確保されている計算式の記載が必要となった。
広告
TAKUMI Amazonへ