建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


一三一五(いっさんいんご)
 1寸3分(39ミリ)×1寸5分(45ミリ)断面の細長い木材の俗称。

 下の図のような1寸3分と1寸5分の1.3と1.5から、1315としたものを<いっさんいんご>と呼ぶようになった。

 一三一五は部材寸法の俗称で、材種を特定するものではない。そのため、の一三一五とか、の一三一五といった言い方をする。一二三(いんにっさん)と共に、下地材としても良く使う部材寸法である。

 一二三は化粧材としても使われることが多いが、一三一五は1寸5分を2本合わせると3寸になり、間に5分(15ミリ)のを挟むと3寸5分の柱と同じ寸法になることから、真壁間柱材となることが多い。また、根太に使われることも多い。

 米栂など、6本まとめて1(そく)という単位で売られている。間柱材は10尺で市販されているが、2間(≒3600)物もある。
TAKUMI Amazonへ