建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


L(えるち)
 音には空気の振動で伝わる空気音と、固体を振動させて伝わる固体音があるが、空気音はD値(sound pressure level DifferenceのD)、また床衝撃音はL値(floor impact sound LevelのL)で表記する。

 L値は、床衝撃音に対する遮音性能を表す単位で、数値が小さいほど遮音効果が高いことを意味し、数値が大きくなると床衝撃音が大きく聞こえる。

 軽量床衝撃音をあらわすLL(LはLight weightから)と、重量床衝撃音をあらわすLH(HはHeavy weightから)がある。LLは軽い物を落としたときの高音の衝撃音で、LHは子供の飛びはねなど、ドンドンという音である。

 日本建築学会ではマンションなどの集合住宅においては、LL-45を望ましい水準として推奨している。
広告
TAKUMI Amazonへ