建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


CD管(しーでぃーかん)
 建築工事が終わってから、電線や電話線などを通すために、先行して施工するプラスチック製の配管材。

 CD管を配管したり埋設することを空配管といい、配管を示す線のうえにCの文字を描く。なおCD配管の中に、案内のための予備線を入れることがあるが、これをリード線という。

 CD管は正式には合成樹脂製可とう電線管(Combined Duct)と言う。コンクリート建造物で広く使われている。非耐熱性のため、本来コンクリートに埋設して使うものだが、最近では木構造の住宅建築でも使われている。

 塩ビパイプと違って、自由に曲げることができ、波型の形状をしているので電線やケーブルを通す時の抵抗が少ない。

 耐熱性のあるPF管と区別するために、オレンジ色をしている。内径が16ミリからあり、次のサイズは22ミリである。ワンサイズ上のものを施工しておいたほうが良いときが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ