建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


AEP(えーいーぴー)
 エマルジョン樹脂を用いて製造された、合成アクリル塗料のこと。AEPはアクリル・エマルション・ペイントの略記である。

 水で希釈でき、塗布後は水の発散によって固化し、表面にはほとんど光沢のない被膜を作る。艶有りもある。室内の塗装では、もっとも多く使われている塗料である。

 室内を塗装仕上げとする場合には、下地の平滑さが大切である。石膏ボードを下地にすることが多いが、ドライウォール工法を使って平滑さを確保したいところである。

 かつてはEPは、酢酸ビニル系エマルションペイントとして区別していたが、現在では合成樹脂エマルションペイントはアクリルエマルション系となった。よって、EPとAEPの区別は意味のないものとなった。
広告
TAKUMI Amazonへ