建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


脇床(わきどこ)
 床の間の右側もしくは左側の装飾的な部分。下の写真では左側である。

 床の間は掛け軸や花を飾る部分が中心で、織部(床)のようにこの部分しかない床の間もある。しかし、 床の間のどちらか片方に、違い棚地袋を 設けることが多い。

 下の写真で言うと、床柱から左側の部分全体を脇床と総称している。板敷の場合も、敷きの場合もある。

 脇床の反対側には、書院を設けることもある。こちらは床脇ということもある。
広告
写真はSannaka-West LLC Honolulu, Hawaiiのサイトから
TAKUMI Amazonへ