建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


割石(地業)(わりいし:じぎょう)
 自然にあるままの石ではなく、ある大きさに割って使う石のこと。

 割石は石の割り肌を愛でるもの。野面が野趣を楽しむものだとすれば、割石は瘤出しなど割られた凹凸を楽しむものである。

 玉石はおおむね20〜30センチ程度の石を言うが、割石は20〜30センチの大きさに割った石と言ったら良いだろうか。15センチ程度の石は栗石(ぐりいし)とか栗(ぐり)とよぶ。

 握り拳くらい以下の大きさに割ると、割石とは言わずに、砕石と名前が変わる。

 握り拳くらいの割石を敷き並べて、目潰しをいれて転圧してつくった地盤を、割石地業とよぶ。

参考=割栗石
広告
TAKUMI Amazonへ