建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


渡り欠き(わたりがき)

 木材を直交させる工作方法で、上になる部材の男木だけを切り欠き、下になる部材に大入れにする仕口

 上になる部材だけを欠くので、下になる部材の強度には変化がない。しかし、上になる部材の断面欠損が大きい場合は、欠き取った部分の繊維が大きく切れて強度が落ちる。そのため、あまり薦められる仕口ではない。

 渡り欠きでは男木が横にずれるのを止めることができず、打ちに頼ることになる。二階根太の仕口には、渡り顎を使うべきだろう。

広告
TAKUMI Amazonへ