建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


和釘(わくぎ)
 明治以前に使われていたのこと。

 現在使われている丸釘は普通の鉄であるが、和釘は焼き入れをした鋼鉄でつくられている。そのため、錆び@にくく、きわめて長い寿命がでる。

 和釘は下の写真のように、先へいくに従って細くなっているので、玄翁で叩いて打ち込むことはできない。

 和釘を打ち込むには、まず道穴を掘って釘をおさめ、最後のわずかな長さだけを叩いて打ち込む。道穴を掘る時に使われるをツバ付き鑿といい、ツバを下から叩いて鑿を抜き、それを繰り返して道穴を掘った。

 道穴を掘るのは手間がかかったので、和釘を打つのはきわめて根気のいる仕事だった。

 丸釘でも、短いものは玄翁で打ちきれるが、4寸(120ミリ)をこえる長いものは道穴をつけてから、打ち込まないと曲がってしまう。
広告
写真は株式会社古川商店のサイトから
TAKUMI Amazonへ