建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ワーカビリティ(わーかびりてぃ)
 コンクリートを練り混ぜたときの、練り具合を示す用語。

 打ち込みやすさの程度、および材料の分離に抵抗する、まだ固まらないコンクリートの性質をいう。ただし数値化できず、感覚的に良いとか悪いというだけである。

 ワーカビリティが良いとは施工性が良いことでもあるが、スランプが大きいことでもあり、あまり歓迎したことではない。

 水セメント比骨材の大きさ、セメントの種類、減水剤生コン工場からの距離つまり混和時間の長短など、さまざまな要素がワーカビリティに影響を与える。

 スランプが小さくワーカビリティの悪い生コンでも、バイブ(レーター)をかけてやると流動性が高くなり、型枠に馴染むように打設できる。
広告
TAKUMI Amazonへ