建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


別れ継ぎ(わかれつぎ)
 木材を繋ぐときの名称で、根元と根元もしくは枝先同士をつなぐ繋ぎ方。

 土台などで木材をつなぐ場合、根本であると枝先であるとを順につなぐのを定法とする。

 継手には雄雌があるものが多く、凸型を男木といい、凹型を女木という。

 定法では、男木は末に継ぎ手を作り、女木は元に継ぎ手を刻んで、元と末を継ぐようにする。これを送り継ぎというが、根本同士や枝先同士を繋ぐのは強度も落ち、別れ継ぎといって嫌われる。

 末と末をつなぐのは行き会い継ぎという。
広告
TAKUMI Amazonへ