建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ロードアップ(ろーどあっぷ)
 道路と敷地とのあいだに高低差がある場合、その段差を解消するために置くスロープ。

 通常の縁石である10センチの高さがあり、車が乗り越えるには高すぎる。そこで切り下げ(申請)をして、縁石を下げる工事をするが、その工事は手間暇がかかる。

 そこで、段差の部分に、ゴム製のスロープなどをおいて、車がたやすく乗り越えられるようにするものがロードアップである。

 下の写真は敷地内の段差だが、道路との段差の場合には、ロードアップを道路に置くことになるので、ほんとうは芳しくないのだが…。L型は道路内に設置され、道路(境界線)はL型の敷地側の端である。
広告
roadup
TAKUMI Amazonへ