建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


炉壇(ろだん)
 炉の周りの断熱した部分。

 茶室など、お茶をたてるために造られた部屋に、釜をかけることができるように、火床をもうける。炉の火の熱が他の部分に伝わらないように、土で囲いを造ったのが、炉壇の始まりである。

 現在では、鉄製、銅製、陶製、石炉とさまざまな様式がある。炉の中では裸火をつかうので、一種の耐火構造となっている。

 床下に凸形に出っ張るので、2階以上に炉壇を設けるときには、床スラブの形に注意し、天井を充分に取る必要がある。
広告
TAKUMI Amazonへ