建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


路線価(ろせんか)
  市街地の道路に面する標準宅地(価格)のこと。uあたりの土地の評価額である。財産評価基準ともいう。

 標準宅地とは、旗竿状の敷地だったりせず、画地計算補正の適用のない、長方形の地形をもったい敷地のことをいい、道路を路線と言うことから、路線に面した土地の価格をいう。

 路線価といったときには、相続税や贈与税の計算基準になるものである。毎年1月1日時点の価格が、その年の7月に国税庁から発表されている。国税庁で閲覧できる。

  固定資産(税)不動産取得税の計算根拠となる固定資産税路線価もある。こちらは市町村長や東京都知事が、公表する。

 公示地価の80%が路線価の金額である。
広告
TAKUMI Amazonへ