建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


陸(屋根)(ろく:やね)
 水平のことを、陸(ろく)とよぶ。

 水平のことは(みず)と呼ぶことが多いが、昔の人は陸地も平らだと見なしたのであろう。水平のことを陸とかいて<ろく>と呼ぶ。

 水平ではないことを、水が出ていないとか、陸ではないという。建築でもっとも大切なことは、縦水(たてみず)と陸をだすことである。

 鉄筋コンクリート造の建物で採用される水平な屋根、つまり屋上階(=R階)を陸(ろく)屋根とよぶ。

参考=水勾配
広告
TAKUMI Amazonへ