建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


蝋燭地業(ろうそくじぎょう)
 蝋燭状の石を基礎の下に立て込んだ地業

 地盤に手を加えることを地業と呼び、地盤が悪いときには地盤改良をする。蝋燭石をつかった蝋燭地業は地盤改良の一種である。

 表面の地盤が悪い場合で、しかも良質な地盤までが浅いときは、蝋燭状の石材をたてて基礎を支持させることがある。この時の石を蝋燭石とよび、こうした地盤改良を蝋燭地業という。

 蝋燭地業は簡易な地業と言ったらいいだろうか。松(杭)に代わってコンクリ ート既成杭鋼(管)杭が普及したように、蝋燭石も最近ではほとんど見かけなくなった。

参考=筏基礎
広告
TAKUMI Amazonへ