建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


レーザー距離計(れーざーきょりけい)
 対象物へとレーザーを照射して、対象物までの距離を測る光学機器である。

 レーザー距離計は、角度、高さ(距離と角度から算出)などを測定するだけではなく、距離と高さを測ることによって面積を計算してくれるものもある。

 レーザー距離計は測定ボタンを押すだけで計測できる。1人で取り扱えて、しかも値段が下がってきたので、最近では個人持ちとなってきた。

 かつては精度もあまり確かではなかったが、最近のレーザー距離計は正確になってきた。そのため、コンベ(ックス)を忘れることもある。

 反対側に対象物のない道路の幅員などは計測できない。原則として内法を測る機器である。

 レーザーを使う道具に、レーザー墨出し器がある。 
広告
TAKUMI Amazonへ