建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


レベル(れべる)
 水平のこと、または水平をはかる測量器械。トータル ステーションは距離と角度をはかる器械だが、レベルは角度だけを測る器械である。

 水平になっている状態を、レベルがでているといい、水平を出す作業を<レベルをだす>という。は部材が水平であることを言うことが多く、レベルは空間に対して言うことが多い。

 三脚上に据えた器械を水準器で水平に調整し、器械から対象物を視凖して視野の中心に捉えれば、器械と対象物が水平になる。

 遣り方の中心にレベルを据え付け、遣り方のに水平を印していく、といった使い方をする。杭に印したに従って、材を固定していく。

 水盛り管は1人で使うことができるが、レベルは器械をのぞく人と、対象物を押さえる人の、2人が必要である。

参考=馬鹿棒
広告
TAKUMI Amazonへ