建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


煉瓦(れんが)
 粘土をこねて型に押し込み、定型に整形したうえで、焼いてつくった建築用の部材。

 煉瓦のような定型の部材を積み上げた構造組積造といい、レンガを組み積みして、数階建ての大規模な建物を造ることができる。窓上にはマグサAをいれて、開口部を支えることになる。

 しかし、耐震性を満たして煉瓦を積むのは手間がかかるので、現在では鉄筋コンクリート造の建物にレンガ風のタイルを貼ることが多い。

 JISによる定型品の大きさは、210×100×60である。割付には目地に注意のこと。また、充分に水を吸わせてから積まないと、モルタルの水分を吸ってしまい耐力壁としての強度がでない。

 前日から煉瓦を水につけておき、水が滴るくらいが良いが、煉瓦が動きやすく施工性が悪くなる。

参考=日乾し煉瓦(太陽光にさらして作ったレンガ)
広告
TAKUMI Amazonへ