建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


レイタンス(れいたんす)
 レイタンスとは、コンクリートの打設した後に、セメント石灰石の微粒子や骨材の微粒分が、コンクリートの上面に上昇して堆積した白色の泥膜層のこと。

 レイタンスを残したままコンクリートを打継ぐと、コンクリート同士の付着が悪くなり、ひび割れの原因となることが多い。コールドジョイントになってしまった場合は、レイタンスを完全に除去すべきである。

 数階建てのコンクリート構造物の場合、の打ち継ぎ面のレイタンスは除去しなければならないが、あまり重要視されることは少ないのが現実である。

 木構造の住宅建築の基礎では、上にコンクリートが載らないので問題にならない。
広告
TAKUMI Amazonへ