建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ルーバー(るーばー)
 ルーバー(Louver)とは、羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を、間隔をあけて平行に組んだもの。もしくは斜め平行になった羽板の形式をいう。ジャロジーブラインドなどに用いられる。

 羽板の取付角度によって、風・雨・光・埃・人の目線などを、遮断したり透過したりすることができる。風の通る量や見える量を変えるため、羽板の角度が調節できるものもある。

 羽板の方向は縦のものも横のものもある。ルーバーの断面を見ると、カタカナのミの字状になっており、正面からでは向こう側が見えないが、視点をずらすことにより向こう側が見えるようになる。

 壁や天井の開口部に取り付けられる際、ルーバーが枠ごと開閉できる場合は「鎧戸」、はめ殺しになっている場合は「ガラリ戸」と呼ばれる。
広告
TAKUMI Amazonへ