建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


隣家補償(りんかほしょう)
 建築工事によって隣家に被害が出た場合に、請負者が金銭によって損害賠償すること。

 木構造の住宅を建築する場合の騒音や粉塵程度であれば、受忍限度をこえることは少ないと思われる。しかし、鉄筋コンクリートのしかも杭Aをつかった基礎にした場合などには、隣家の壁にヒビが入るなどの被害がでる場合がありうる。

 そのため、工事着手前に隣家を調査させてもらって、写真などにおさめて記録を残しておく。工事後に、その写真とつきあわせて被害を確認する。被害が認められる場合には、補償する必要がある。

 ただし、住んでいる人がおこした火災が隣家に延焼しても、重過失がない限り補償の義務はないと「失火責任法」は定めている。
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ