建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


立面(図)(りつめん:ず)
 立面とは建物の前に立ち、そこから見える正面、側面、背面など、立ち上がった姿をいう。

 しかし、立面図として図面になったものは、肉眼ではなく平行視線で見た図面である。実際に見える立面の姿は、下から見上げるために、パースがかかっており立面図のようには見えない。ファサードが実際に見えるものに近い。

 立面図は外壁の面積などの積算に使われる。また、立面図は建築確認申請のときに、北側斜線隣地斜線制限などのチェックに使われる。

 住宅などでは、1/100の縮尺で描かれることが多い。

 基本図面と言った場合は、配置図平面図、立面図(東・西・南・北)、断面図(もしくは矩計図)、仕上げ表をさす。

 立面図に仕上げ材の色を付けたり、太陽の影を入れたりすることもあるが、あくまで参考であり、実際にこの通りにならないことのほうが多い。 
広告
TAKUMI Amazonへ