建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


隣地境界線(りんちきょうかいせん)
 隣の敷地との境をしめすもので、境界点に埋設された杭@などの境界標(石)を結んだ線を、図面上に示したもの。

 実際の隣地との間には垣根もしくは擁壁などがあるだけで、境界線が明示されていることはない。

 隣地境界線は図面上に印された線でしかないが、実存する境界点を結んだものであるため、塀や垣根以上に法的な有効性を持っている。

 隣地とのあいだに、高低差がないときは問題は少ないが、間知(石)などの擁壁があるときは注意が必要である。

 擁壁がある場合の隣地境界線は、擁壁がうえの敷地を維持するものであるために、法(面)部分は上の敷地に含まれる。擁壁の根入れの関係もあり、隣地境界線は擁壁下である場合が多い。

参考=道路(境界線)隣地斜線制限
広告
TAKUMI Amazonへ