建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


琉球(表)畳(りゅうきゅう:おもて:たたみ)
 琉球畳は、琉球表をつかったである。

 琉球産の藺草(いぐさ)をつかった畳表は、柔らかくしかも強靭で、20年〜30年の耐久性があると言われる。

 縁(へり)なしで使われることが多く、柔道場の畳につかわれたり、普段部屋の畳として使われてきた。

 琉球表は三角イグサの七島イ草(しちとういぐさ)を裂き、目積織りに織ったものだが、最近では生産量も少なくとても高価になってしまった。

 下の写真では、琉球畳を3尺(≒90センチ)の正方形にして、市松(模様)になるように敷き込んでいる。畳の角が四井敷きと同じように1点に集まるので、畳屋さんは嫌がる敷きかたである。

 現在では、備後(表)であっても、縁なし畳であれば琉球畳と言うことがある。
広告
TAKUMI Amazonへ