建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


輪(厘)掛け(りんがけ)
 自然状態で乾燥させるために、伐採した木材を皮付き丸太のまま、山中の風通しがよく、日当たりの良い場所で、下の写真のように井形に組みおくこと。

 1年以上にわたって輪掛けすると、乾燥がゆっくりと進むので、木材の色や質感を保存できる。機械乾燥より木質の維持には優れている。

 製材後、3〜4ヶ月の室内養生で、含水率を25%程度に下げて出荷する。

 輪掛けするのは内地材に対してだけで、外材は機械乾燥させることが多い。

参考:グリーン材
広告
TAKUMI Amazonへ