建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


リシン掻き落とし(りんしかきおとし)
 荒い状の外壁仕上げ材で、左官屋によって施工される。

 セメントを結合材とした砂状仕上げ材をセメント・リシンといい、セメント・リシンを顔料と混ぜてで塗り、半乾燥状態のときに、剣山のような物で掻き落とした仕上げ。

 手間のかかった左官仕上げであり、リシン吹き付けとは異なり、陰影にとんだ深い趣がある。混入されたリシンの粒度が大きければザックリした感じになり、小さければ繊細な感じになる。

 和風の外壁仕上げとして、高級な仕上げである。出隅などを1センチ程度、欠き残すことがおおい。最近では、リシン掻き落としを施工できる左官屋が減ってきた。
広告
TAKUMI Amazonへ