建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ラミナ(らみな)
 ある物を構成する層状の最小単位を、ラミナネーション(lamination)とよび、ラミナと略称している。

 建築界では集成材をつくっている層を ラミナという。

 原木を製材して寸法をそろえ、乾燥させたうえ、接着して集成材とする。として使われることが多いので、ラミナビームともよぶ。

 最近ではの見えない大壁の建築が多くなったので、無垢の柱や梁を使うことは少なくなっている。また、集成材は狂いが少ないので、プレカットに使うには最適である。

 新築時の耐力は無垢の材料以上だと思われるが、接着剤はいまだ長い年月を経験していないので、はたして寿命がどの程度かは未知数である。
広告
TAKUMI Amazonへ