建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ラス板(らすいた)
 モルタル塗りの左官下地になるための板材のこと。ザラ板ともいう。

 15×45〜90の板をラス板と称して市販しているが、外壁の下地材であり、モルタルが付いていれば良いので、角のある部材だけでなく皮付きの材料も混じってくる。

 外壁の場合は、ラス板は互いに1センチ程度すかせて張る。そのうえに、ルーフィングなどの防水紙をはり、ラスを張ってモルタルを塗る。

 水はけの良い木裏を外に向けて張るのが原則で、そのときにはなるべく中心部にを打つ。やむを得ず木表を外に向けるときは、釘は両端に打つ。

 ラス板を斜めに張ると、粗(乱)し(あらし)といって、計算外筋違の補助になる。

 軒裏にラス板を張る場合は、防水紙は張らずに、直にラスをはる。ラス板の隙間から、モルタルが裏側で団子状になるように塗り上げ、モルタルが剥落しないようにする。

参考=ラスカット
広告
TAKUMI Amazonへ