建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


横摺り(よこずり)
 長手方向に直角、つまり繊維に直角にをかけること。

 通常、鉋は木目に平行に動かすが、材料面の狂いを直す場合などには、下の図のように鉋をかける。鉋の台を直すときには、台直し@鉋を横擦りに使う。

 大きな部材の狂いを直す場合は、両方の木口に定規を打ち付けて、それが互いに平行になるように見通し、定規に従ってをうつ。その墨を傍(側)にもまわし、墨に従って削り取って平面を作る。

 大きな部材の狂いをとる場合に、横擦りが行われた。横擦りを能率よく進めるため、丸鉋(外丸)が使われることが多かった。電気鉋が普及すると、もっぱら電気鉋の出番だった。
広告
yokozuri