建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


呼ぶ(よぶ)
 部材をホゾ穴などに入れるために、掛け矢などで叩いて手前に引き寄せること。

 掛け矢を大鳴りといい、掛け矢を打ち付けることを鳴らすという。呼ぶという作業は、部材を矢印の方向に押した状態で鳴らすことであり、鳴らされると矢印の部材は縦材のほうへと寄っていく。

 精巧に刻まれた仕口は、手で押したくらいでは入っていかない。そのため、上棟(式)などでは掛け矢で鳴らして、部材を呼ぶ必要がある。

 鳴らすときには、当て物をしないと、部材に傷が付く。
広告
yobu
 
TAKUMI Amazonへ