建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


週強度(よんしゅうきょうど)
 設計上のコンクリート強度を想定しているもので、コンクリートの打設後、4週間経過した頃にでるであろう強度で、構造設計の基礎になっている。

 実際の現場でつかう配合では、「呼び強度」という言葉を使い、購入者が、「設計基準強度○○N/mm2で」「曲げ強度○○N/mm2で」と生コン業者に注文する。

 コンクリート打設時に、テストピースを別にとりおき養生Aをし、4週間後に潰しの試験にかけて強度を調べる。

 4週間後に測定される強度は、4週強度より大きいのがふつうである。4週強度に達していない場合は、取り壊して打設し直す必要がある。
広告