建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


容積率(ようせきりつ)
 建築物の延床面積を、敷地面積で割った数字。ここで使う延床面積は法定床面積である。

 都市計画区域内には、用途地域によって容積率が定まっている。容積率の数字以下の延べ床面積の建物しか建築できない。

 また、容積率は前面道路の広さによっても、規制を受ける。つまり道路幅が12メートル未満しかないと、幅員に40(一中高以上では60)を掛けた容積しか使えない。つまり法定容積率をすべて使うことができない。

 たとえば、一低層では200%の容積率が認められていても、全面道路が4メートルであれば、
 4×40=160 となり、160%が容積率の上限となる。

 ただし、駐車場は延床面積の1/5まで、また地下室はの1/3まで、延面積に参入しないことができる。

 エレベーターの昇降路は、床面積に算入されなくなった。
広告