建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


洋小屋(ようごや)
 屋根を支える構造で、三角形のトラスをつくって荷重をになう洋風の構造のこと。

 在来工法による住宅で使われるのは和小屋であり、垂直部材のと水平部材の母屋で構成する。しかい、洋小屋はそれ以外にも、方杖と呼ばれる斜め材を用いる。

 原理的には和小屋より洋小屋のほうが、大きなスパン飛ばすことができる。しかも、洋小屋は短い部材を組むので、長い部材に頼らなくてすむ。

 しかし、洋小屋の各部材は短いが、下の図のような小屋組を、地上で組むことになる。組んでしまった洋小屋を上まで上げるには、人力では無理でクレーンに頼ることになる。

 和小屋の部材は人力で扱えるので、桁上で和小屋を組むことができる。そのため、和小屋の方が普及している。

 洋小屋は瓦などの荷重をかけると、いくらか沈むことが多いので、沈むことを見越して設計したほうが良い。
広告