建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


楊子柱(ようじばしら)
 一部だけ見えるのこと。

 茶室に使われる装飾的な柱で、曲がった丸太を柱に使って、柱全体を見せずに、天井近くの一部分だけ見せた柱のこと。

 かつては曲がりをもった柱を隅柱に用いたため、隅柱が土壁で塗りまわされ、下の写真のように、上部4分の1が楊子(ようじ)の形になって現われた。

 現在では、柱というが構造材ではなく、見える部分だけの短い材を使うことが多い。
広告