建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


遊離水(ゆうりすい)
 コンクリート打設後、セメントと反応しないで残ってしまう余分な水のこと。

 遊離水は打設後、時間が経過すると、上部へと押し出されて、コンクリート表面にたまっていく。遊離水がブリーディング現象をおこすと、コンクリートは巣の多い虚弱なものとなる。

 コンクリート表面に上った遊離水は、蒸発によってコンクリートの表面に亀裂を発生させる。頑丈な躯体を作るためには、遊離水の少ない水セメント比が低く、低スランプのコンクリートを打設する必要がある。
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ